自動売買に興味はあるものの、どうすれば自動売買ができるのか知らない人も多いと思いますので、今回の記事では世界的にメジャーで自動売買と言ったらこれしかない!といわれるMT4(メタトレーダー)を利用した自動売買システムのやり方をまとめました!

MT4とは

MT4はロシアの「MetaQuotesSoftware社」が開発し、無料で提供されている高性能FX取引ソフト、Meta Trader4のことを言います。

日本ではMT4を利用している国内FX業者が多くないため、あまり普及されておらず認知度も低いのですが、海外FX業者ではほぼすべてMT4を取引プラットフォームとして採用しています。

日本は独自の取引システムを自社開発・提供することがほとんどであるため、あまりMT4を利用している国内業者は見かけませんね。

さて、それではなぜMT4が世界標準の取引プラットフォームになったのでしょうか?
なぜこれほどまでにMT4が世界中で利用されているのでしょうか?

その答えは、MT4を利用することで誰でも簡単に、高性能なチャートツールやテクニカル分析が行えて、また自分だけの自動売買システムが作れる(EA:エキスパートアドバイザー)からなのです!

MT4の特徴
初めての方でも高機能な分析チャートソフトを簡単に利用頂けます。
チャート毎に詳細を設定し、複数のチャートを同時にリアルタイムで表示頂けます。
成り行き注文も注文のポジション確認もチャート上で直接可能です。
またテクニカル指標の細かい数値も自由に設定でき、簡単にご利用頂けます。
主な機能
・自動アラート機能
・自動売買機能
バックテスト機能(自動売買プログラムを過去のレートで運用した場合の実績を検証できる)
・豊富なカスタマイズ

そしてこの高性能なMT4は無料で利用可能であることも、MT4が世界中で普及した要因といえるでしょう。

一昔前までは、高性能なトレードツールを使うには高い費用が必要で、そのため国内FX業者はトレーダーを獲得するために自社で開発したトレードツールを無料で提供していましたが、現在はMT4が登場したことによってMT4を採用するようになっていますが、国内FX業者はいまだに独自ツールを利用していますね。

また、国内FX業者がMT4を利用しないで自社開発システムを利用する理由はもう一つあって、トレード方式がDD方式かNDD方式かといった面もあります。
国内FX業者はDD方式ですので、「顧客の売買注文が直接インターバンク市場に接続されておらず、業者自身が取引相手となってトレードを引き受けているため、自社開発システムを使っている」ことによるものです。【DD方式とNDD方式の解説はこちら

そのため国内FX業者は相場が荒れた際のトレードでスプレッドが極端に開いたり、スリップしたりすることが起こりえるのですが。。

高性能ツールと自動売買(EA:エキスパートアドバイザー)の利用

MT4では様々なチャートツールや高機能なテクニカル分析を利用することができます。

そしてEA(エキスパートアドバイザー)と呼ばれるプログラムを利用して、自分だけの自動売買プログラムを作成することが可能です。
もちろん、自動売買のプログラムは取引されているので、ほかのトレーダーが作成した自動売買ソフトを購入して、MT4に取り込むことで、その運用成績のよいプログラムで自動売買を行うことも可能です。

国内FX業者の中にも独自の自動売買システムを提供する会社もありますが、MT4では自作できる!ほかの方が作ったプログラムを購入し利用できる!という点がMT4を使うメリットになります。

自動売買のプログラミングは難しいんじゃないの?

高性能ツールやプログラミングによる開発なんて、難しい!私できない!と思う読者もいると思います。

でも実際は簡単に自動売買のツールを作成することができますし、プロの投資家やFX会社が無料で提供するEA(エキスパートアドバイザー)を利用することも可能ですので、プログラミングの知識は不要です。

それに自作もいいですが、運用成績だけを考えるのであれば、運用成績のよいEAを購入し利用することをおすすめします!

ちなみにMT4でも無料のデモトレードが可能ですので、事前にMT4の経験を積むことができます。

MT4ではEAの検証ができる

MT4ではバックテスト機能を利用することにより、自動売買プログラム・分析プログラムの検証が可能となっています。

バックテストとは過去のマーケットデータ(為替レート)を用いて、作成したEAの取引パフォーマンスをテストすることを言います。

自分が作成した、または購入したEAがどれくらいの利益を上げているか、またどのような局面に運用成績が良くなる(悪くなる)かを把握するために大変重要な機能になります。

プログラムの検証・改善を重ねていくことでより多くの利益を出せるEAにすることが可能になっています。

skeeze / Pixabay

EA(エキスパートアドバイザー)とは

MT4は、カスタマイズ機能と自動取引機能を一体化したシステムになります。

売買条件などのシナリオ作成、バックテスト(過去のマーケットデータを用いて取引パフォーマンスをテストすること)、そして自動取引機能が付いています。

このテクノロジーのベースには、世界中のトレーダーや開発者たちに使われている売買戦略自動化用のプログラミング言語であるMQL4(MetaQuotes Languege4)があり、メタエディタープログラムという開発ツールを使ってEAを独自に作成し、市場分析・注文発注・自動売買までの一連のプログラムを組むことができるのです。

このメタエディタープログラムは管理しやすく、また自由度が非常に高いため、各トレーダーごとにオリジナルの売買戦略を作成できるのです。

さきほどはEAを作成するにはすごく簡単で誰でもできると記載しましたが、これは大袈裟な表現で、実際は有る程度のプログラミング知識が必要になります。
すみません。。

ですが、EAを販売しているコンテンツ提供者は世界中に多くいる為、これらのEAを購入して使ったり、カスタマイズして使ったりする事がメタトレーダー4ユーザーの間では一般的となっていますし、管理人も運用成績優秀なEAを購入し利用することをおすすめします!

次の記事【FX取引 自動売買の始め方ーPart2(最適なFX業者の選び方)】では、MT4を取引プラットフォームとして採用するFX業者の中から最適な業者の選び方をご紹介いたします。