今回は日本に未だ蔓延る、「海外FX業者を利用することは危険である。」という風潮について本当にそうなのかという疑問に対する管理人の考えを記載させていただきます。

「海外FX業者はレバレッジが高くて危険だ!」、「日本で金融庁登録をしていないから危険だ!」など様々な憶測めいたものが巷では語られていますが、わたし管理人の意見としては何千倍も海外FX業者のほうが安全だし、取引ボーナスなどの特典が多いのも海外FX業者の強みであると考えています。

その理由を以下で説明していきます。

レバレッジが高いことは危険ではなく、逆に安全

日本人に人気のXM(エックスエム)は最大レバレッジ888倍、TITANFXやAXIORY、FXエージェントがおすすめしているAnzo Capital(アンゾーキャピタル)は最大レバレッジ500倍、と海外FX業者は総じて最大レバレッジが日本国内のFX業者と比較して高い。

Anzo Capital(アンゾーキャピタル)のおすすめポイントはこちら!

この理由は、国内FX業者は金融庁登録をしている関係上、法律で最大レバレッジ25倍と定められていることによるものです。

ただし、ここで注目したいのは“最大”レバレッジということ。
海外FX業者でも常に888倍や500倍で取引をしなければならないわけではなく、2倍でも3倍でも25倍でも取引ができます。
自分に合った(低)レバレッジで取引ができることは、国内のFX業者と変わりはないのです。
海外FX業者はそれに加えて、50倍や100倍や888倍で取引が可能であるということであり、海外FX業者のほうが選択肢が大きいため、レバレッジの観点では国内の業者を選ぶよりは海外の業者を選ぶほうが合理的であるといえますね。

また、レバレッジというのは掛けてもいいし、掛けなくてもいいものだから、ハイレバレッジ取引がリスキーだという言い分はもっともですが、これは「ハイレバレッジ取引ができる海外FX業者が危険だ」ということではなく、「ハイレバレッジ取引は危険だ」ということです。
海外FX業者が危険なのではなく、ハイレバレッジをする行為が危険だということです。

また、ハイレバレッジは、「少ない資金で大きな取引ができる」という言い方が一般的ですが、「少ない証拠金で取引ができる」とも言い換えることができます。

例えばドルのロング(買い)ポジションを保有していたとして、ドル安方向に相場が推移した場合、証拠金が足りなくなりロスカットの危険性が出てきます。
ここでハイレバレッジで取引を行っている場合には、証拠金が少なくて済むためロスカットされる危険性が減少します。

これを考慮すれば、ロスカットの確率が減少するわけですから、レバレッジが高いことは危険ではなく、逆に安全であるといえます。
通常ロスカットされる場合には、約定レートは不利なレートである場合が多いから、ロスカットされないに越したことはないですね。

海外FX業者ならハイレバレッジを行っても追証なしで安心

海外FX業者はハイレバレッジ取引が可能だから、相場がポジションと反対方向に大きく動いた際に危険なのでは?との疑問を持つ方もいると思われます。

ただし、そのような事態が起こった場合に危険なのは海外FX業者ではなく、国内FX業者のほうが危険です。

読者の方は“スイスフラン・ショック”をご存じでしょうか。

スイス中央銀行は 「対ユーロで1.2を割り込むような下落があれば永続的に介入を行う」と市場で宣言しており「1.2000」に近づいたところで、常に言葉通り介入を行ってきました。
つまり、ユーロ・スイスフランのチャートは1.2を割り込みそうになれば、スイス中央銀行が市場介入するため、1.2を割ることはないと考えられていた、というより信じていた。

しかしそんな迷信とは裏腹に2015年1月15日にスイス中央銀行は突然、「資金的に介入のコストを国として負担できる状況を超えた為、永続介入を止めることにした。」とギブアップ宣言を発しました。
その結果、ユーロ・スイスフランは歴史的な暴落を記録したのです。
その大きさたるや暴落が始まってたった20分でユーロ・スイスフランは41%の下落を記録することになりました。

“スイスフラン・ショック”までとは行かなくても、ナイアガラと呼ばれるような相場が急にドル円で2~3円動くことはボラティリティの高い為替市場においては珍しいことではありません。

この時あなたが相場の動きと反対のポジションを持っていたとしたら、証拠金が足りず追証が請求され、最悪の場合、多額の借金を背負うことになっていました。

FXは為替のボラティリティが大きい関係上、このように多額の借金を抱える方が多いため、「FXは危険である」との意見が一般的となっています。

【これが現実】FX・株・仮想通貨で地獄を見た人たち(NAVERまとめ)

海外FX業者なら借金を背負う可能性はない

しかし、海外FX業者ならこのような多額の借金を背負う危険性はありません!

なぜなら、XMを始めとする海外FX業者は追証制度がなく、もし相場の急な変動で大きな負債を抱えることになった場合には、借金を背負わずに撤退することができるのです。

これが“追証なし”という制度です。
国内FX業者は死ぬまで追証による借金を請求してくるのに対して、海外FX業者はそのような手段はとってきません。
また、そのようなマイナス残高を支払う義務もありません。

海外FX業者は約定率ほぼ100%!

国内FX業者を利用してFXをしているときに、約定がスリップした経験はなかったでしょうか。
約定したいレートで注文していたのに、だいぶ不利なレートで約定された経験があったではないでしょうか。

海外FX業者を利用していればこのような経験は皆無です。

なぜこのような違いが発生するかといえば、国内FX業者と海外FX業者では注文方式が異なるためです。

FX取引には「DD方式」と「NDD方式」という2種類の注文方式があります。

DD(デーリング・ディスク)方式
⇒ 顧客からの注文は実際には取引所で売買せず、FX業者自身が胴元となり直接顧客の相手方になり注文を約定する方式

NDD(ノー・デーリング・ディスク)方式
⇒顧客からの注文を直接インターバンク市場へ流し、注文を約定する方式

日本国内FX業者はほぼ全てDD方式で、基本的に「顧客の注文を呑む取引」となるので、顧客の利益はFX業者の損失、FX業者の利益は顧客の損失となります。
ここに顧客とFX業者との利益相反が発生しているのです。

通常FX業者は顧客が行った取引によって損失を被らないように、顧客が行った取引と正反対の取引をインターバンク市場で行っています。これをカバー取引といいます。
普通はFX業者はレートの変動で稼ごうと思っていない(取引手数料で稼ぐ)ので、為替レートの変動は反対取引でヘッジしているのです。

ただし、急激に相場が変動した場合には、それと正反対の取引を市場でできるかわからないので、そのようなタイミングで国内FX業者は顧客と取引を行いたがりません。
そのため約定ができないことが起こりうるのです。

一方これに対して、海外FX業者は顧客からの取引を市場に直接流して約定させるため、利益が相反することはありません。
また急激な相場変動の際にも、取引量の多いインターバンク市場で取引を約定させるため、約定ができないことが起こりえないのです。

これが約定率100%(XMの平均注文成約率は99.97%)を誇る海外FX業者の注文の仕組みです。

国内FX業者が狭いスプレッドを提供できる深い訳

国内FX業者のほとんどはDD方式を採用しています。

金融庁が公開している2015年7月の金融モニタリングレポートによると、米ドル/円のスプレッド0.5pips以下の国内FX業者はカバー率20%以下(80%は呑んでいる)という調査結果になっています。
顧客の注文をインターバンク市場でカバー取引せずに、ほとんどはFX業者が呑み込んでいるため、取引コストがかからず、狭いスプレッド幅が提供できるのです。

しかし、呑み込むということはFX業者と顧客で利益が相反しているということです。FX業者の勝ちは、すなわち顧客の負け。ゆえにDD方式の国内FX業者は相場を不正操作しているといわれることがあります。

これは、 前述したようにDD方式は顧客が利益を出すとFX業者が損するため、いかに顧客に負けてもらうかをFX業者も考えているので、約定拒否や約定遅延、ストップ狩りやスリッページなどの不正操作もされる傾向があります。

FX業者では顧客のストップロス注文を狙い、為替レートを故意に操作することがあり、これをFX業者のストップ狩りといいますが、この言葉を一度は聞いたことあるのではないでしょうか。。

国内FX業者の狭いスプレッドばかりに目をやっていると、見えないコストに苦しめられることになります。
また、海外FX業者であるXMでは取引を行うごとにXMP(XMポイント)というボーナスポイントが付与され、これを勘案すれば国内FX業者のスプレッド幅よりも狭いスプレッドで取引を行うことが可能になります。XMPについてはこちらで解説。

以上で説明したように、国内FX業者よりも何千倍も海外FX業者のほうが安全であるということが少しは理解していただけたのではないでしょうか。

管理人がオススメする海外FX業者は、間違いなくAnzo Capital(アンゾーキャピタル)です。

知名度こそ低いものの、狭いスプレッド幅や約定力、そして日本語サポートの充実さを考えると今のところダントツです!

Anzo Capitalについてはこちら、Anzo Capitalの口座開設方法についてはこちらに詳しく記載したので参考にして下さい。